にんにく注射は、にんにくが入っていると誤解をされる方もいらっしゃいますが、にんにくの成分アリナミンが多く含まれているため、そう呼ばれています。
当院のにんにく注射は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCを配合しております。

ビタミンB1 (アリナミン)

疲労の原因である血液中の「乳酸」を分解してエネルギーに変える働きがあります。
糖質を分解し、身体や脳が活動するときに必要な燃焼エネルギーを作り出す働きも持っています。
不足すると、エネルギーを作り出せなくなり、疲労物質が溜まり、だるさや疲れが蓄積されていってしまいます。

ビタミンB2 (リボフラビン)

脂質を中心に、タンパク質や糖質などを分解し、エネルギーに変換するとても重要なビタミンです。
余分な脂肪をつけにくくすることから、ダイエットの際にもよく接種される栄養素です。健康的な肌を作る際にも重要な働きをし、口内炎やニキビを予防・改善する効能もあります。

ビタミンC (アスコルビン酸)

肌のハリやきめを整える、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。血管や皮膚、粘膜や骨を強くし、風邪などの原因となるウイルスが侵入するのを防ぎます。ウイルスが侵入したときも、ビタミンCは、血液中の白血球の働きを助けてウイルスの活動を弱めます。

にんにく注射が適応される症状や病気

・ 疲れがたまっている、倦怠感が抜けない、元気がない
・ 風邪をひきやすい、治りにくい
・ 夏バテする
・ 肩こり・腰痛が続いている、頭痛がある
・ 冷え症である
・ よく寝ているのに、全然疲れがとれない

接種の頻度は?

通常1週間に1回程度が平均的です。運動をしている人や仕事がハードな方、ストレスの多い方は1週間に2~3回の接種をお勧めしています。
また、慢性的に疲れている方は毎日打つことをお勧めします。

副作用は?

にんにく注射の成分はビタミン群なので、重篤な副作用はなく、過剰な成分は尿から排泄されます。注射時にニンニクのような臭いが感じられますが、数分で解消されます。
血管痛を自覚される方、にんにく臭を苦手とされる方は、不快感や胸苦しさを訴える方がごくまれにいらっしゃいます。

いたばしクリニック

お体の事でお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

common_tel.png
03 5356 1623 平日9:00-12:00 15:30-18:30 土曜は9:00-12:00