良くある質問

2018.12.19更新

A.苦痛が少ない、細くやわらかい内視鏡で検査を行います。
当クリニックでは、苦痛が少ない細くてやわらかい内視鏡で検査を行っています。
細くてやわらかいため「オエッ」とくる吐き気(咽頭反射)が従来の内視鏡より少ないです。
口または鼻からの挿入はご希望に合わせて行っています。
大腸検査で一般的に苦痛になる原因は、内視鏡で大腸が引き伸ばされるためです。
大腸が引き伸ばされないように、大腸の中にできるだけ空気を送らず、むしろ吸引しながら挿入する方法で検査を行っています。
しかし、大腸が長い場合や術後の癒着を伴った方では、そのような方法でも大腸が引き伸ばされることがあり苦痛を伴いやすいです。
当クリニックでは患者様の希望に合わせて鎮痛・鎮静剤などを用い、そういった際に生じる痛みや苦しさをできるだけ感じないよう検査を行っています。

投稿者: いたばしクリニック

いたばしクリニック

お体の事でお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

common_tel.png
  • 03 5356 1623 平日9:00-12:00 15:30-18:30 土曜は9:00-12:00
  • 24時間受付 WEB予約