その他外来

いたばしクリニックでは、日常的に起こるさまざまな症状や不調に関する幅広い診療を行っています。

検査

超音波検査

当クリニックでは腹部、頚動脈の超音波(エコー)検査を行うことができます。超音波検査は、超音波を体内に出し、その反響をコンピューターで処理して、内臓や血管の状態を画像として映し出す検査です。腹部の検査では、膵臓、肝臓、腎臓などを調べることが可能です。中でも胆石、胆のうポリープ、肝臓の腫瘍の発見に有用です。またB,C肝炎ウイルスが原因となっている慢性肝炎は、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高いので、定期的な検査で早期の変化をとらえるために、この検査が頻用されています。また頸動脈(首まわり)の検査では動脈硬化や生活習慣病から起こる病気の検査が可能です。

内視鏡検査

直接粘膜を観察できますので、微細な病変も見つけることができます。また、組織を採取して生検を行えますので、確実な診断が可能な検査です。

当院では、最新機器や熟練した専門医の技術により、楽に受けられる内視鏡検査を行っています。また、ご希望があれば、鎮静剤を使ってウトウトしている間に検査を受けることも可能です。

NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)ができる内視鏡システムを導入していますので、光の波長を変えて通常光では見落としがちな初期の病変の発見も可能です。

ご希望があれば、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に行うことも可能です。

内視鏡検査時の二酸化炭素使用

粘膜を隅々まで確認するために送気を行いますが、大腸内視鏡検査後にお腹の張りといった不快感が長く起こることがあります。それを防ぐために、当院では二酸化炭素を使用しています。
吸収が早く、呼気として自然に排出されるため、不快なお腹の張りが残りません。

胃内視鏡検査

口から挿入する経口内視鏡と、鼻から挿入する経鼻内視鏡のどちらも行っています。胃だけでなく、食道や十二指腸の病気を早期発見し、正確に診断できます。

大腸内視鏡検査

スコープの挿入時には、無送気軸保持短縮法という手法を取り入れており、これにより腸がのばされることを防ぐため、大幅に苦痛が軽減されています。
検査時にポリープやがんなどの病変があれば、その場で内視鏡的切除を行うこともできます。そのため、改めて切除を受けにご来院いただく必要はありません。

外科

ちょっとしたケガやヤケドの処置や、巻き爪・陥入爪、粉瘤などの小手術まで、外科医のキャリアを活かして丁寧に診療しています。

在宅診療

当クリニックでは、通院が困難な患者さんに向けた在宅診療を行っています。

在宅診療のコンセプト

患者さんご本人やご家族の意思を尊重した治療をご提案し、納得いただいた治療を行います。
親しみのある対応で、何でもお気軽にお話していただけるよう心がけます。
他の医療機関やその他施設・サービスとの連携を重視し、最善の医療を提供します。

在宅診療の対象となる患者さん
  • 年齢や障害などの理由により通院が困難な方
  • 認知症患者さんへの医師のサポートを必要としている方
  • 寝たきりの方

在宅診療でできること

  • 症状の診断
  • 血液や尿・便の検査
  • 処方せん発行
  • 点滴注射
  • 各種診断書発行
  • 訪問看護指示書発行
  • 主治医意見書発行(介護保険申請用)
  • 居宅療養管理指導対応(介護保険)

対応エリア

目安はクリニックから半径1キロ圏内ですが、圏外の場合もまずはご相談ください。

花粉症や喘息などのアレルギー性疾患

近年増え続けている花粉症をはじめ、喘息などアレルギー性疾患の診療も行っています。

特に花粉症は、シーズン前の対策が重要であり、クリニックで処方されるお薬は効果だけでなく、費用面でもメリットが大きくなっています。

その他

生活習慣病改善効果も見込める禁煙治療に関しては、保険診療で受けられます。

更年期症状の緩和や美容上の効果が期待できるプラセンタ注射や、疲労回復に効果的なにんにく注射(ビタミン B1、B2、C)を行っています。

また、ED治療のレビトラ・シアリス・バイアグラの処方も行っていますが、45歳以上の方・高血圧や脂質異常症のある方の初回処方に対しては、心電図検査を行った上で処方しています。

ほかにも健康上の不安などがありましたら、なんでもご相談ください。

いたばしクリニック

お体の事でお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

common_tel.png
03 5356 1623 平日9:00-12:00 15:30-18:30 土曜は9:00-12:00